無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    トゥルーマン・ショーありえない感動ドラマ
    0
      「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
       笑って泣けるトゥルーマン・ショーです。
       
      監督:ピーター・ウィアー  出演:ジム・キャリー、エド・ハリス、ローラ・リニー、 他

      概要は、離島に住むトゥルーマン(ジム・キャリー)は、
      ごくごく平凡な生活を送っていた。
      しかし、彼は生まれてから、この島を出たことが無い。
      なぜなら、海でのボート事故で父と死別した事がトラウマとなり、
      船に乗る事ができなくなったからである。
      そんな彼が、あるきっかけを境に、何か自分の周りに違和感を感じ始める。

      ドラマ系の映画は何か普段の生活に近いもの・・・。
      遠いものでも、ありえるシチュエーションである様な気がする・・・。

      しかし、この映画の主人公と同じ境遇の人、
      または同じ境遇の友人や先祖、過去の偉人を知っている人はいないだろう。

      発想がすごいのだ!!
      よくこんな話し思いついたなぁ〜〜〜!!!である。

      でもこのシナリオにしっかりジム・キャリーが乗っかっている。

      「人がいい」と言われそうな人物を演じさせると、
      この人の右に出る人はいないと私は思っている。
      この映画でもそのよさが出ており、
      思わずジム・キャリーの味方になって映画を観てしまうのだ。
      彼の考えに共感したくなるのだ。

      同じ境遇でも、何も知らず幸せならそのまま年老いているかも。。。
      いや、自分が彼と同じ境遇なら彼の様に疑問を感じるかもしれない。。。

      そう考えているうちに、
      いつの間にかトゥルーマンを応援し始め、
      彼の行動に一喜一憂してしまう。

      そして、「よく頑張った!!」と、「よかったよかった!!」が交じり合って、
      笑顔で泣いてしまう。

      私は嫁が呆れる程泣いてしまいました。

      是非ご鑑賞あれ。


      ・ブックオフ
       トゥルーマンショー 
       −TOP
      | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      映画の感想:ショーシャンクの空に でやってやった感を味わおう
      0
        「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 
        管理人カネシンです。

         紹介するのはショーシャンクの空です。


        監督:フランク・ダラボン キャスト:ティム・ロビンス モーガン・フリーマン 他

        うわっ!!やられたぁ!!
        と思わせてくれる映画です。

        終わり方が気持ちいいのなんのって。

        エリート銀行員のデュフレーンは愛人と妻を射殺したとして、
        ショーシャンク刑務所に投獄される。

        エリート銀行員が、死刑囚と共に生活していくってのは、
        孤立する要素満点。
        まぁ実際孤立しかけるわけですが、
        少しずつ打ち解けていきます。

        最終的には死刑囚たちからあがめられ、尊敬される・・・・・・・・。
        とはいかなかったんです!!!
        まぁ私の勝手な推理というか思考回路というか、

        そんな感じなのかなぁ・・・・・。
        と思って観てたわけですよ。

        そんな映画じゃないんです!!!
        そんな映画じゃなかったんですよ!!!!

        って事で、情報は私の推理を裏切られた所で止めておいて、
        まったく予備知識なしで観る事をお勧めします。

        ただ見た事ある人にももう一度観ていただきたい。
        私はこの映画よく観ます。

        もう10回以上は観たんじゃないでしょうか。
        なんか、水戸黄門の様な「やってやった感」が味わえます。
        観たくなる周期があるんですよね、この映画。

        元々劇場公開時は「スピード」やその他話題作目白押しで、
        赤字だったそうですが、
        徐々にファンが増加していったそうです。

        是非とも一家に一本。
        そんな映画です。

        ・DVD購入
         ショーシャンクの空に [DVD]

         −TOP
        | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |