無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    トゥルーマン・ショーありえない感動ドラマ
    0
      「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
       笑って泣けるトゥルーマン・ショーです。
       
      監督:ピーター・ウィアー  出演:ジム・キャリー、エド・ハリス、ローラ・リニー、 他

      概要は、離島に住むトゥルーマン(ジム・キャリー)は、
      ごくごく平凡な生活を送っていた。
      しかし、彼は生まれてから、この島を出たことが無い。
      なぜなら、海でのボート事故で父と死別した事がトラウマとなり、
      船に乗る事ができなくなったからである。
      そんな彼が、あるきっかけを境に、何か自分の周りに違和感を感じ始める。

      ドラマ系の映画は何か普段の生活に近いもの・・・。
      遠いものでも、ありえるシチュエーションである様な気がする・・・。

      しかし、この映画の主人公と同じ境遇の人、
      または同じ境遇の友人や先祖、過去の偉人を知っている人はいないだろう。

      発想がすごいのだ!!
      よくこんな話し思いついたなぁ〜〜〜!!!である。

      でもこのシナリオにしっかりジム・キャリーが乗っかっている。

      「人がいい」と言われそうな人物を演じさせると、
      この人の右に出る人はいないと私は思っている。
      この映画でもそのよさが出ており、
      思わずジム・キャリーの味方になって映画を観てしまうのだ。
      彼の考えに共感したくなるのだ。

      同じ境遇でも、何も知らず幸せならそのまま年老いているかも。。。
      いや、自分が彼と同じ境遇なら彼の様に疑問を感じるかもしれない。。。

      そう考えているうちに、
      いつの間にかトゥルーマンを応援し始め、
      彼の行動に一喜一憂してしまう。

      そして、「よく頑張った!!」と、「よかったよかった!!」が交じり合って、
      笑顔で泣いてしまう。

      私は嫁が呆れる程泣いてしまいました。

      是非ご鑑賞あれ。


      ・ブックオフ
       トゥルーマンショー 
       −TOP
      | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        2011/05/18 8:24 PM posted by: タマジロー
        こんばんは!

        コメントありがとうございました♪
        私もこの作品好きですね〜。

        序盤はあまりにファンタジーな設定に
        しらけていたはずなのに、次第に作品に
        引く込まれていき。。ラストの荒波では、
        「トゥルーマン、がんばれー」!!と
        涙な作品でした笑
        2011/05/20 2:39 AM posted by: カネシン@管理人
        訪問ありがとうございます。

        そうなんですよ。
        いきなり設定分かって、
        このままやって行けるの??
        って感じだったのに、
        引き込まれるんですよね。
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://mono-tyuu.jugem.jp/trackback/9