無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    漫画の感想:めぞん一刻
    0
      「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」
      管理人カネシンです。


      お後のよろしい漫画。
      めぞん一刻です。
       
      作者:高橋留美子   先生の作品。

      「一刻館」というアパートに住む、
      にぎやかな住人と、
      浪人生の五代。

      ここに若い未亡人の音無響子が、
      一刻館の管理人として現れる。

      五代はこの管理人に一目惚れ。

      要領の悪い彼なりに、
      必死に思いを伝え、
      すれ違っては遠ざかりを繰り返す見事なラブコメディ。

      高橋先生独自の読み味で物語が進み、
      最後にほっこりさせてくれる作品です。

      管理人が年に1度は読み返してみる作品。

      携帯電話が当たり前になった今でこそ感じる、
      この時代の情緒であるとか、
      若いからこその恋愛の不器用さを見て、
      心洗われる作品です。

      ラストが本当にビシッと・・・。
      というか「いやぁ〜よかったよかった」
      って感じで終わってくれるので、
      いい終わり方をする漫画は?
      と聞かれたときに、
      必ず名前を挙げる作品の一つです。

      一家に一物語あっていい作品。

      是非読んでみてください。

      ・アマゾン
       めぞん一刻 (1) (小学館文庫)
       (記事作成時、アマゾンには全巻ありませんでした。ブックオフでどうぞ)
      ・ブックオフ
       めぞん一刻(ワイド版)全巻セット
       めぞん一刻(文庫版)全巻セット
       めぞん一刻(新装版)セット

      TOP
      | カネシン | 漫画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://mono-tyuu.jugem.jp/trackback/35