無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    映画の感想:フォーン・ブース
    0
      「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」
      管理人カネシンです。


      ハラハラして謎が残る映画。
      フォーンブースです。


      監督:ジョエル・シュマッカー
      出演:コリン・ファレル、キーファー・サザーランド
          フォレスト・ウィテカー

      この映画・・・。
      構成的には管理人の好みではないのですが、
      なぜか忘れられない映画です。

      メディア・コンサルタントのスチュは、
      いかなる状況も口先一つで乗り切ってきたやり手であった。

      そんな彼がニューヨークのブロードウェイに訪れた際、
      近くにあった電話ボックスのコール音が鳴り響き、
      思わず受話器を取ってしまう。

      電話の主は「電話を切れば、お前を殺す」と彼を突然脅してきた。

      主人公スチュの人間性

      犯人の場所
      犯行方法
      経歴や目的が気になってしょうがない映画。

      終始それを考えさせられる。

      この映画に関しては、
      少しネタばれな内容を言いたい。

      以下、
      内容の概要が分かってしまうので、
      読みたい場合は続きを読むをクリックしてください。

      ・アマゾン
       フォーン・ブース [DVD]
      ・ブックオフ
       フォーン・ブース

         −TOP
      ここで挙げた疑問は、
      ほとんど解決されません。

      犯人も捕まらないし、
      目的も分からない。

      スチュはあそこまで犯人にいたぶられる罪もなければ、
      理由も無い。

      本当に腕利きの、
      ただの愉快犯のお話し。

      ただこの解決されない謎を残す映画は、
      見るたびに感想が変わっていく。

      独身時と結婚時で大きく感想が変わった映画。

      みなさんもそんな見方をしてみてください。
      | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://mono-tyuu.jugem.jp/trackback/30