無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    漫画の感想:パイナップルARMY
    0
      「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」
      管理人カネシンです。


      浦沢先生との出会いの漫画。
      パイナップルARMYです。

       
      原作:工藤かずや先生
      作画:浦沢直樹先生 の作品。

      ジェド・豪士は主に傭兵としてベトナム戦争をはじめ、
      世界中の様々な戦場で戦った経験を持つ男である。

      傭兵を引退した彼は、
      民間の軍事顧問機関・CMAの戦闘インストラクターとして、
      多様な事情を持つ人々からの依頼により、
      それぞれの戦場で生き延びる道をレクチャーする。

      この漫画は、
      物語中毒用語で言う、
      教養漫画の要素が強い。

      粉塵爆発や、
      メタンガスが爆発力が最大となる、
      空気との比率等物騒な知識を、
      小学生にして持っていたのは、
      この漫画のおかげ。

      その他、戦闘時の基本であるとか、
      銃の扱いであるとかの知識が豊富に盛り込まれているが、
      雑学として使えるもので、
      実学ではない。

      まぁ実際使うとまずいんですが(

      主人公ジェド豪士が、
      巻き起こる事件に対して、
      どう対処していくかが見所。

      ほとんどが一話完結の話しなので、
      気楽に読み進めることができる。

      最終回に向けて、
      今まで少ない出番だったキャラクター達が、
      集合し豪士と共に戦う話しは、
      ラストだけあって5話完結となる。

      一気に読み進めることが出来、
      最終話は1話とリンクする面白い終わり方をする。

      偉大なる浦沢先生の序章として、
      是非読んでいただきたい作品です。

      ・アマゾン 
       パイナップルARMY 全8巻完結(ビッグコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
      ・ブックオフ
       パイナップルARMY全巻セット


           -TOP-
      | カネシン | 漫画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://mono-tyuu.jugem.jp/trackback/25