無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    書籍の紹介:すべてがFになる
    0
       「本 漫画 映画 の感想、レビュー&販売サイト 物語中毒」 
      管理人カネシンです。


      理系の推理小説。
      すべてがFになるです。

      原作:森博嗣 先生の作品。

      正確に言うと、
      すべてがFになるを紹介したいんじゃなくて、
      森博嗣先生を紹介したい。

      なんてったって、
      私が求めていたミステリーは、
      こんなミステリーだぁ!!!!

      と強く感じさせてくれた小説家だからです。

      何を隠そう管理人は理系です。
      完全な理系。

      理系人間はあいまいな終わり方が気に入りません。
      読者の想像にお任せします・・・・。
      みたいな記述は許しません!!!

      ミステリー小説には結構多いこれらのあいまい表現。
      私の中のベストなミステリーは、

      こう言ったらまだ逃げれるんじゃない?
      と思わせない、
      完全な推理と証拠!!

      その理論構築を、
      ちゃんと読者に考えさせてくれる材料を、
      途中に入れてくれる事!!
      最後になって、
      「え!?そんな描写なかったじゃん!!」
      は悔しい。

      逮捕後、
      こんな裏づけが見つかった、
      彼はこんな心情だった等、
      しっかりとローカルな謎まで吐き出してくれる事。

      つまり、
      1+1=2!!!!
      となって欲しいのだ!!

      そうは思わない人!!
      森先生の作品は合わないかもしれません。

      でも私と同じ考えの人!!
      是非手にとってみてください!

      前置き長すぎましたが、
      概略です。

      犀川研究室犀川創平と研究室のメンバー、
      そして、
      犀川の恩師の娘である西之園萌絵妃真加島に向かった。

      その島には真賀田家が設立した真賀田研究所があり、
      そこには優秀な研究者が集い、
      現存する最高の天才、
      真賀田四季博士の元で、
      精力的に研究を進めている。

      犀川、萌絵はこの研究室で、
      不可思議な殺人事件に遭遇する。

      この研究室の作りが、
      合理的かつ異質。

      その中で起きる殺人事件は、
      いつものミステリーとは勝手が違います。

      が、スパッとスッキリ解決!!

      私好みのミステリーがここにあります。
      趣味の合う方、是非読んでみてください。

      ・アマゾン
       すベてがFになる (講談社文庫)

      ・ブックオフ
       すべてがFになる講談社ノベルス

       −TOP

      ちなみに、
      犀川&萌絵シリーズは、
      全部で10作品。

      一冊完結なので、
      是非読んでみてください。

       ・すべてがFになる The Perfect Insider
       ・冷たい密室と博士たち Doctors in Isolated Room
       ・笑わない数学者 Mathematical Goodbye
       ・詩的私的ジャック Jack the Poetical Private
       ・封印再度 Who Inside
       ・幻惑の死と使途 Illusion Acts Like Magic
       ・夏のレプリカ Replaceable Summer
       ・今はもうない Switch Back
       ・数奇にして模型 Numerical Models
       ・有限と微小のパン The Perfect Outsider
      | カネシン | 書籍のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://mono-tyuu.jugem.jp/trackback/24