無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    映画のレビュー:シャッフル
    0
       「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 
      管理人カネシンです。

      引き込まれる映画。
      シャッフルです。
       
      監督:メナン・ヤポ
      主演:サンドラ・ブロック

      出張から帰る夫を待っていた日・・・。
      突然夫の事故死を知らされる。
      娘二人と悲しみに臥しながら眠りに付いた翌日、
      死んだはずの夫はいつも通りテーブルに座っていた。

      この日を境に、
      夫の死前後の日が、
      ばらばらに訪れる日々がつづき、
      夫の死に関する事実が明かされていく。

      映画を観ている途中に、
      何パターンものラストが頭をよぎる。

      すごい引き込まれたんですが、
      この映画は、
      私と同じ二人娘の家族であった事が、
      妙に親近感があり、
      他人事に思えなかったところがあるかも・・・。

      俺事故で死んだらどうなるんだろ、、、?
      から入ったので。

      それはさておき、
      まずは、
      サンドラが目覚めた日が
      いったい何日なんだろう?
      が分からず、
      その辺推理するのも楽しかったですね。

      また、
      一日一日、
      サンドラの感情が大きく変わる程の
      事実、誤解があり、
      その感情を見事に演じてくれるサンドラ・ブロックのおかげで、
      最後まで飽きずに見ることが出来ました。

      是非是非手に取ってみたください。

      ・アマゾン
       シャッフル [DVD]
      ・ブックオフ
       シャッフル
      | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      映画のレビュー:X-MENシリーズ
      0
        「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 
        管理人カネシンです。


        グイグイ見れる映画。
        X-MENシリーズです。
         
        監督:ブライアン・シンガー
            ブレット・ラトナー
            ギャビン・フッド
        出演:パトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマン、ファムケ・ヤンセン

        それぞれの作品で、
        監督も変わってますが、
        ヒュージャックマンが最高です。

        人間が急激な進化の過程に入った近未来。
        突然変異の集団であるミュータントは、
        周囲から理由のない迫害をうけていた。

        驚異的な再生力を持つウルヴァリンヒュージャックマン)は、
        骨格がアダマンチウムと呼ばれる超合金でコーティングされている。

        彼には過去の記憶がなく、
        自分の年齢も分からない。

        そのウルヴァリンの熱い活躍と、
        その過去に迫る作品。

        現在新作も公開予定です。

        この映画は何がいいって、
        ヒュージャックマンです。

        彼のハードボイルドな感じが最高です。

        本当に人類を恨み、
        敵対するミュータントと、
        人類と共存しようとするミュータントの戦いなので、
        非常に分かり易い反面。

        ウルヴァリンの裏に隠された謎を、
        考えさせてくれる。

        さらに特殊能力を持ったキャラクターが、
        出てくる出てくる

        このキャラクターの豊富さもこの映画の強み。

        といかく闘い方や、
        個人個人の悩み、
        背景や展開の幅が広いです。

        管理人的には2がお勧め。

        初作でアクションは向いていないと言われた、
        監督のブライアン・シンガーが、
        2で気合を入れてアクションを作りこんで、
        本作を超えたと言わせた作品です。

        アクションに注目してみてください。

        スッキリしたい方にはもってこいの映画。
        是非ご鑑賞ください。

        アマゾン
         ・X-MEN トリロジーBOX [DVD]
         ・ウルヴァリン:X-MEN ZERO [DVD]

            −TOP
        | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        映画の感想:フォーン・ブース
        0
          「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」
          管理人カネシンです。


          ハラハラして謎が残る映画。
          フォーンブースです。


          監督:ジョエル・シュマッカー
          出演:コリン・ファレル、キーファー・サザーランド
              フォレスト・ウィテカー

          この映画・・・。
          構成的には管理人の好みではないのですが、
          なぜか忘れられない映画です。

          メディア・コンサルタントのスチュは、
          いかなる状況も口先一つで乗り切ってきたやり手であった。

          そんな彼がニューヨークのブロードウェイに訪れた際、
          近くにあった電話ボックスのコール音が鳴り響き、
          思わず受話器を取ってしまう。

          電話の主は「電話を切れば、お前を殺す」と彼を突然脅してきた。

          主人公スチュの人間性

          犯人の場所
          犯行方法
          経歴や目的が気になってしょうがない映画。

          終始それを考えさせられる。

          この映画に関しては、
          少しネタばれな内容を言いたい。

          以下、
          内容の概要が分かってしまうので、
          読みたい場合は続きを読むをクリックしてください。

          ・アマゾン
           フォーン・ブース [DVD]
          ・ブックオフ
           フォーン・ブース

             −TOP
          続きを読む >>
          | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          映画の感想:ロード・オブ・ウォー
          0
            「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」
            管理人のカネシンです。


            ノンフィクションに基づくフィクション映画。
            ロード・オブ・ウォーです。
             
            監督:アンドリュー・ニコル 
            出演:ニコラス・ケイジ、ノーマン・ゴライトリー 他

            ユーリ・オルロフはウクライナから、
            アメリカに移民してきた4人家族の長男。

            ある日、
            レストランでロシアン・マフィアの銃撃戦に遭遇し、
            その光景にショックを受けたユーリは、
            武器商人の道を歩むことを決意し、
            相棒に弟のヴィタリーを選ぶ。

            武器商人としての素質のあったユーリは、
            弟と2人で世界中で様々な相手に銃器を販売したが、
            インターポールの捜査官ジャック・バレンタインに目をつけられ、
            付きまとわれるようになる。
             
            武器売買がいかに危険な仕事であり、
            どんなやばい橋を渡るのか・・・。

            この辺りを、
            やり手の武器商人はどう切り抜けるのか。

            こうゆう緊迫した、
            四面楚歌な場面を、
            飄々と切り抜ける役は、
            ニコラス・ケイジの真骨頂。

            あせりながらも、
            頭をぐるぐる回転させている所を、
            私達に想像させてくれます。

            そして、
            そうきたか、、、、
            流石。。。。

            その最上級の感覚が、
            ラストにやってきます。

            ノンフィクションに基づいた、
            フィクションの物語。

            色々考えさせられる作品です。

            ・アマゾン
             ロード・オブ・ウォー [DVD]
            ・ブックオフ
             ロード・オブ・ウォー


             −TOP
            | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            映画の感想:ゴッドファーザー
            0

              「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 
              管理人カネシンです。

              映画を語るからには見ておきたい映画の一つ
              ゴッド・ファーザーです。




              監督:フランシス・フォード・コッポラ
              出演:マーロン・ブラント、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、
                 ダイアン・キートン

              管理人の母が大絶賛していた映画。
              たいがい何を見ても、
              「ゴッド・ファーザー程じゃない」
              と言ってました。

              そのせいも有り、
              また、今更昔の映画を観る気もせず、
              結構避けて来たんですが、
              ふとした拍子に観てみようと思い、
              3本いっきに借りたのですが、
              いっきに観てしまいました!!!

              こ〜りゃ面白いわ!!

              いつもの事ですが、
              あまりあらすじには触れたくない・・・。

              ニューヨーク5大マフィアファミリー、
              コルレオーネ家の歴史と、
              そのドンが辿る悲劇のお話しである。

              マーロン・ブラントのマフィアぶりが、
              すばらしく、
              ドンとはこうゆうものという風格が有る。

              また、
              若きアル・パチーノ、
              ロバート・デ・ニーロは必見!

              若い頃から味のある役者さんだったんですね。

              曲者の臭いがぷんぷんする若者です。

              今まで読んできた漫画や、
              小説に出てくるマフィアは、
              きっとこの映画のイメージが作者の中にあったんだろうな。
              と思わせる。
              いや、実際そうだと感じました。

              根拠のないリアリティがあるんです。
              マフィアの友人はいないし、
              何より、マフィアだった事だってありませんが、
              マフィアのオリジナルはこうなんだ!!
              と信じさせる説得力がこの映画にはあります。

              マフィアとなる為の道・・・。
              いや、マフィアになるしかなかったのかもしれません。

              そこで得られる喜びや怒り、
              その道を歩く事の難しさ、
              誇りやプライド、家族、友人等、
              あらゆるマフィア話しが盛り込まれていて、
              表現された世界観が恐ろしくでかいです。

              これ一本(3本ですが)観るだけで、
              マフィアの事を語ってもOKだと思います。

              そして何より衝撃のラスト

              そうやって終わるか〜!!!!
              なるほど!!
              です。

              ベタに終わってもよさそうな、
              中身の濃さにもかかわらず、
              納得のラストが待ってます。

              是非御賞観下さい
              ・アマゾン 
               ゴッドファーザーDVDコレクション
              ・ブックオフ
               ゴッドファーザー DVDコレクション

               −TOP
              | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              映画の感想:ドラムライン
              0
                「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 
                管理人カネシンです。

                マーチング・ドラムがすごい!!
                5感を震わすドラムラインです。

                監督:チャールズ・ストーン3世
                出演:ニック・キャノン、オーランド・ジョーンズ
                    ゾーイ・サルダナ、レナード・ロバーツ

                ニューヨークのハーレムで育ったデヴォンは、
                マーチング・ドラマーとして天才的な才能を持っていた。

                その才能に目をつけたリー監督は、
                デヴォンをスカウトする。

                デヴォンのテクニックは周囲を圧倒するが、
                自らの才能に溺れた言動や、行動が、
                やがてメンバーや監督との絆を崩していく。

                デヴォンの子どものようなわがままさ、
                高慢さが、
                自分を苦しめている事に気づいていく。

                仲間がいる事の大切さ、
                チームとしてやる音楽の、
                楽しさに気づいていくデヴォン。

                彼の成長を観る事もこの映画の醍醐味ですが、
                なんといってもドラムライン!!!

                ドラムのテクニックと、
                演奏のパフォーマンスは最高です!!

                管理人は元ドラマーだった事も有るせいか、
                非常に興奮するものがありました。

                デヴォン役のニック・キャノンのドラムテクニックは
                すばらしく、
                また、
                完成した華麗で、
                一糸乱れぬ演奏は、
                息を呑む迫力でした。

                とてもスカッとする作品ですので、
                ストレス解消に、
                是非ご覧ください。

                ・アマゾン
                 ドラムライン [DVD]
                ・ブックオフ
                 ドラムライン



                        -TOP-
                | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                映画の感想:なさそうであった話し、キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
                0

                  実際の話しということに驚いた作品。
                  キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンです。


                  監督:スティーブン・スピルバーグ
                  出演:レオナルド・デカプリオ
                      トム・ハンクス

                  小切手偽造事件を起こし、
                  天才詐欺師と謳われたフランク・W・アバグネイル・Jr(デカプリオ)と、
                  彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)の話しである。

                  実際の話しといったが、
                  実在したのはアバグネイルだけ、
                  詳細に関しては何処まで史実で、
                  どこまで創作か不明。
                  FBI捜査官は複数の人物を一人にした形で表現されている。

                  しかし、
                  そんなことは関係ない。
                  とにかくおもしろいので是非見ていただきたい。

                  フランクの冷静さと大胆さ、
                  そして追い詰めていくカール。

                  フランクがいつも一歩上を行っており、
                  キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(日本語では「鬼さんこちら」にあたる)
                  という題名にぴったりの内容となっている。

                  そして、
                  カールとフランクは、
                  共に認め合い、
                  なぜか、敵同士にして、
                  信頼関係ができてくる。

                  最後はほのぼのと終わるので、
                  心が少し温かくなります。

                  是非ご参照ください

                  ・アマゾン
                   キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]
                  ・ブックオフ
                   キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

                  ちなみにこの作品ラスト付近には、

                  TOP
                  続きを読む >>
                  | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  スパイダーマンは一般人ヒーロー
                  0
                    「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
                     一般人と同じ思考回路を持つヒーロー、スパイダーマンです。
                     
                    監督:サム・ライミ 出演:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコ

                    このヒーローの魅力は、
                    やっぱりいじめられっこ出身というところではないでしょうか?

                    科学好きでオクテな学生ピーターは、
                    ある研究室の見学中、遺伝子改良を施された「スーパースパイダー」に噛まれてしまう。
                    しばらくして悪寒に襲われ倒れたピーターが目覚めたときには、
                    驚異的視力と体力を備えていた。

                    いじめられっこ出身なせいか、
                    3作通して、共感できる思考回路を持っているピーター。
                    何か親近感を覚えてしまう。

                    アクションシーンが特に見所で、
                    スパイダーセンスが発動する所が必ずスローになるんですが、
                    とても面白い魅せ方をしてくれます。

                    この手の映画は良者が悪者を倒す!!
                    という分かり易い設定がいいのですが、
                    それに加えて、力を持ってしまった一般人の切ない気持ちや、
                    親友、恋人との間の人間模様が+αされたこの映画は、
                    爽快感と満足感を与えてくれます。

                    私的には2が一番好きですね。
                    話のスピード感と綺麗なCG。
                    ピーターの気持ちに一つの答えが出る話でもあり、
                    一気に観れてしまうので、爽快感抜群です。

                    是非一気にごらんになってください。

                    ・アマゾン
                     スパイダーマンTM [DVD]
                      スパイダーマンTM 2 [DVD]
                      スパイダーマンTM 3 [DVD]
                      スパイダーマンTM トリロジーBOX(4枚組) (期間限定出荷) [DVD]

                    ・ブックオフ
                      スパイダーマン
                      スパイダーマン2
                      スパイダーマン3
                      スパイダーマン トリロジーBOX<期間限定出荷>

                    ちなみに、
                     
                     −TOP
                    続きを読む >>
                    | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    シカゴでレニー・ゼルウィガーのベストスタイルを確認しよう!!
                    0
                      「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
                      カネシンの大好きな映画。 シカゴです!!



                      監督:ロブ・マーシャル、脚本:ビル・コンドン、製作:ミラ・マックス
                      メインキャスト:レニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
                      第75回アカデミー賞、並びに第60回ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞。

                      ミュージカルって・・・・・。
                      タモ〇さんもよく馬鹿にしてますが僕も同意見でした。

                      そう!!
                      この作品に出会うまでは!

                      まるで舞台に放り込まれたような臨場感で、
                      ストーリーやって歌とダンス!!ストーリーやって歌とダンス!!!ストーリ・・・・・・・・・・
                      この流れがたまりません。

                      登場人物の性格や持っているイメージ、思い、が歌によって深いところまで伝わってくる。
                      この観せ方・・・いや!
                      魅せ方が実にいいんですっ!!!!
                      まず音楽が最高。
                      思わずサントラCDまで購入してしまい、
                      オープニング曲を自分の結婚式の二次会開始曲に使いました

                      その最高の音楽に加えて、豪華なステージと衣装!!
                      演出の仕方で、ストーリー展開時の登場人物と、
                      彼らが持つ、理想の自分とのギャップや、裏の顔を感じることができます。

                      ミュージカルを毛嫌いしている人!!
                      この作品なら安心して観てもらっていいと思います。

                      ・購入はこちら
                       
                         

                      しかしハリウッドスターはビックリするくらい歌とダンスがうまいですね。
                      キャサリン・ゼタ=ジョーンズは11歳から舞台女優だったそうですから、
                      当たり前なんでしょうけど・・・・(^^;

                      ただ、この映画のレニー・ゼルウィガー・・・・。
                      「ブリジットジョーンズの日記」や「ミス・ポター」しか知らない方は
                      是非是非観てください!!!
                      すっごい綺麗です。

                      映画公開順としては「ブリジット・・・」→「シカゴ」→「ミス・ポター」なんですけどね。
                      この人体重操作は自由自在なんでしょうか????
                      最近は痩せれなくなったかもですが(笑)

                       −TOP
                      | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      トランスフォーマーで遊んでたくち
                      0
                        「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
                         迫力満点!CG万歳!! トランスフォーマー です。

                         
                        監督:マイケル・ベイ、総指揮:スティーブン・スピルバーグによる作品。


                        1作目は、
                        まずアクションの迫力を見て欲しい!!
                        昔遊んでたタカラの玩具とは比べ物にならない複雑な機構でトランスフォームします。
                        男の子なら心動かされること間違いなしです。

                        バンブルビーのトランスフォームを見て主役のシャイア・ラブーフが、
                        「メイド イン ジャパン」と言ってくれたのは何か誇らしいですね。

                        バンブルビーはGM社の新型カマロなんで車の型はアメリカ産なんですが。
                        このアニメーションはCGアーティストの山口圭二さんが手がけているので。
                        まちがいではない(笑)

                        そして、
                        主人公が臆病な少年から強い気持ちを持つ青年へと変わっていく所を見て欲しい。
                        シャイア・ラブーフの表情の変わり様に驚きますよ、

                        2作目は、
                        マイケル・ベイ監督本人が駄作だと認めてしまい、
                        人間味がないとか、変形シーンが少ないとか世間では評価悪いですが、

                        キャラクターがいっぱい増えて、
                        彼らのやりとりが面白かったので特に前述した様な感想は持ちませんでした。

                        また、この手の映画のいい所は、
                        何も考えず オリャーーーーー!!! と観れる。
                        なので私的には二作目も十分楽しめました

                        日本人のアニメーションに誇りを持てる作品です。
                        是非観て下さい。

                         1作目:トランスフォーマー [DVD]
                         2作目:トランスフォーマー/リベンジ [DVD]
                         2枚組:トランスフォーマー ダブルパック [DVD]

                        語り残しを少し・・・・。
                         −TOP
                        続きを読む >>
                        | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |