無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    漫画、本、映画のレビュー始めました。
    0
      はじめに
      レビュー感想はこちら→[漫画、映画、本の感想、レビュー]から探して下さい。

      漫画やDVDが欲しいとき

      あまり失敗したくないですよね。。。。
      私の場合、面白くなくても買い始めた以上10巻くらいまではどうしても見守りたいので、
      失敗だなぁと思ったときには5000円前後使ってしまってます。
      そこで漫画、映画の感想を参考に書籍、DVDが買えるサイト。

          ブックオフオンライン

      なんなら飽きたら売れるサイトがあればいいなと思ってはじめました。

      ブックオフオンライン

      ただはじめてのブログなのでどうしたものかと。。。。。。
      持っているものから紹介して行こうと思ってます。

      ちなみに私の部屋はこんな感じ。。。
      本棚1

      本棚2

      漫画を新しく1巻から買うときは、
      嫁に申請して、許可が出ないと買えません。
      岳やガンツが今更集めたいのですがNGです。
      (ちなみに家電も相談要、ダイソンの扇風機もNGでした)←愚痴?

      映画は目に見える置き方しているのはテレビ周り。
      テレビ周り
      これ一部です。。。。。
      映画は嫁さんも特に何も言いません(笑)

      とりあえず、漫画や本、映画等の物語を愛する方々にとって、
      また、作品の好みが私に近い方にとって(笑)、
      便利なブログにしていきたいと考えています。

      よろしくお願いします
      続きを読む >>
      | カネシン | 初めまして | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      漫画、映画、書籍のレビュー、感想、検索ページ
      0
        検索用ページです。
        見たいレビュー、感想があれば、
        作品名をクリックしてください。

        漫画の感想、レビュー
         ・あしたのジョー
         ・おせん
         ・コータローまかりとおる!
         ・JIN−仁
         ・嬢王
         ・スラムダンク
         ・蒼天航路
         ・哲也−雀聖と呼ばれた男
         ・DRAGONBALL
         ・パイナップルARMY
         ・バジリスク
         ・ヒカルの碁
         ・ヒミズ
         ・ブラックジャックによろしく
         ・B.B.フィッシュ
         ・ホムンクルス
         ・めぞん一刻
         ・勇午
         ・るろうに剣心
         ・ろくでなしBLUES

        映画の感想、レビュー
         ・XーMENシリーズ
         ・キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
         ・ゴッドファーザー
         ・シカゴ
         ・シャッフル
         ・ショーシャンクの空に
         ・スパイダーマン
         ・トゥルーマン・ショー
         ・ドラムライン
         ・トランスフォーマー
         ・フォーンブース
         ・ロード・オブ・ウォー
         
        書籍の感想、レビュー
         ・すべてがFになる
         ・ヤングガン・カルナバル
         ・リング、らせん、ループ

        TOP
        | カネシン | 検索ページ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ホムンクルスで不思議な世界へ
        0
          「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
           この人の世界観は癖になる!?ホムンクルスです。

          作者:山本 英夫 先生の作品です。

          のぞき屋や、殺し屋1で有名な山本英夫先生。
          先生の世界観は飛びぬけたものがあり、
          顔をしかめながらも見てしまうなんとも不思議な魅力がある。

          主人公の名越はホームレスが集う公園と高級ホテルの狭間で、車上生活をしていた。
          その中途半端な生活、人生を諦める一歩踏み出せないでいる名越を見て、
          医学生の伊藤は名越にトレパネーションの手術を70万で受けて欲しいと依頼する。

          トレパネーション:頭蓋骨に小さな穴を開け、脳へかかる圧力を下げて、
                     人間の第6感を高める手術とされている。ジョジョやスプリガンにも
                     似たような描写がある。

          主人公は色々な人間と出会い、
          トレパネーションによって得た能力でこの能力の正体、
          そして自分探しを始める。

          出会う人々にはそれなりのトラウマネガティブな部分があり、
          大小さまざまであるが、
          自分にも当てはまるネガティブな部分に出会えるのではないだろうか?

          その傷をなめ合う姿をのぞき見するような・・・・。
          異常な世界を教えてもらっている様な感覚で読み進めることができる。

          何より、山本先生ワールド全開で物語が進んでいくので、
          引き込まれてしょうがない!!

          最終巻が出たのがつい最近。
          読みきり漫画としてはフレッシュな作品です。

          ・アマゾン 
            ホムンクルス1-14巻 セット (ビッグコミックス)
            ホムンクルス 15 (ビッグコミックス)
          ・ブックオフ
           ホムンクルスセット

           −TOP
          | カネシン | 漫画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          映画の感想:ショーシャンクの空に でやってやった感を味わおう
          0
            「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 
            管理人カネシンです。

             紹介するのはショーシャンクの空です。


            監督:フランク・ダラボン キャスト:ティム・ロビンス モーガン・フリーマン 他

            うわっ!!やられたぁ!!
            と思わせてくれる映画です。

            終わり方が気持ちいいのなんのって。

            エリート銀行員のデュフレーンは愛人と妻を射殺したとして、
            ショーシャンク刑務所に投獄される。

            エリート銀行員が、死刑囚と共に生活していくってのは、
            孤立する要素満点。
            まぁ実際孤立しかけるわけですが、
            少しずつ打ち解けていきます。

            最終的には死刑囚たちからあがめられ、尊敬される・・・・・・・・。
            とはいかなかったんです!!!
            まぁ私の勝手な推理というか思考回路というか、

            そんな感じなのかなぁ・・・・・。
            と思って観てたわけですよ。

            そんな映画じゃないんです!!!
            そんな映画じゃなかったんですよ!!!!

            って事で、情報は私の推理を裏切られた所で止めておいて、
            まったく予備知識なしで観る事をお勧めします。

            ただ見た事ある人にももう一度観ていただきたい。
            私はこの映画よく観ます。

            もう10回以上は観たんじゃないでしょうか。
            なんか、水戸黄門の様な「やってやった感」が味わえます。
            観たくなる周期があるんですよね、この映画。

            元々劇場公開時は「スピード」やその他話題作目白押しで、
            赤字だったそうですが、
            徐々にファンが増加していったそうです。

            是非とも一家に一本。
            そんな映画です。

            ・DVD購入
             ショーシャンクの空に [DVD]

             −TOP
            | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
            漫画の感想:蒼天航路で三国志を学ぼう!!
            0
              「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」
              管理人カネシンです。

              紹介するのは蒼天航路です!!

               
              原作:李學仁(イ・ハギン)、漫画:王欣太(きんぐ ごんた)先生の作品。

              皆さんが触れたことのある三国志は、
              劉備玄徳が主人公として描かれるものが多いのではないでしょうか?
              ところがこの作品は、悪名高き曹操孟徳が主人公!!!

              三国志になじみのない方には難しいのでは?
              と思うかもしれませんが、
              いやいやいやいや!!!!
              どうぞここから入ってください

              ただこの漫画は少し我慢が必要(汗)
              5巻くらいまでは話のテンポがよくないのか、
              説明が退屈なのか、
              最初の話とは矛盾しますが三国志を知らないと中々理解に苦しみます。
              そこでアドバイスですが、
              最初は流れをつかむ程度にザァーーーーっと読んじゃってください

              ここから先は、
              話の運び、キャラクターの個性、読まされた感が半端じゃありません。

              曹操が悪名高いのは、こうゆう流れからか!!!
              えっ劉備の人柄ってこっちがリアルなのかも!?
              あ、孫権意外と好きだわ。。。。
              うわーーー終わったじゃ〜ん・・・・・満足。

              ってな流れです(笑)

              世界観を一度味わったら、
              また最初からじっくり読んでください。

              ・私が持っているのはこれ。
               蒼天航路 全36巻完結(モーニングKC ) [マーケットプレイス コミックセット]
              ・分厚いやつです。
               蒼天航路 全18巻 完結コミックセット (講談社漫画文庫)
              ・中古版KCコミック
               蒼天航路全巻セット
              ・中古版分厚いやつ 
               極厚 蒼天航路全巻セット


              三国志を知っている方にももちろんお勧め!!
              実際私は三国志マニアの兄の影響でそれなりの知識ありきで読みました。


               −TOP
              続きを読む >>
              | カネシン | 漫画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              トゥルーマン・ショーありえない感動ドラマ
              0
                「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
                 笑って泣けるトゥルーマン・ショーです。
                 
                監督:ピーター・ウィアー  出演:ジム・キャリー、エド・ハリス、ローラ・リニー、 他

                概要は、離島に住むトゥルーマン(ジム・キャリー)は、
                ごくごく平凡な生活を送っていた。
                しかし、彼は生まれてから、この島を出たことが無い。
                なぜなら、海でのボート事故で父と死別した事がトラウマとなり、
                船に乗る事ができなくなったからである。
                そんな彼が、あるきっかけを境に、何か自分の周りに違和感を感じ始める。

                ドラマ系の映画は何か普段の生活に近いもの・・・。
                遠いものでも、ありえるシチュエーションである様な気がする・・・。

                しかし、この映画の主人公と同じ境遇の人、
                または同じ境遇の友人や先祖、過去の偉人を知っている人はいないだろう。

                発想がすごいのだ!!
                よくこんな話し思いついたなぁ〜〜〜!!!である。

                でもこのシナリオにしっかりジム・キャリーが乗っかっている。

                「人がいい」と言われそうな人物を演じさせると、
                この人の右に出る人はいないと私は思っている。
                この映画でもそのよさが出ており、
                思わずジム・キャリーの味方になって映画を観てしまうのだ。
                彼の考えに共感したくなるのだ。

                同じ境遇でも、何も知らず幸せならそのまま年老いているかも。。。
                いや、自分が彼と同じ境遇なら彼の様に疑問を感じるかもしれない。。。

                そう考えているうちに、
                いつの間にかトゥルーマンを応援し始め、
                彼の行動に一喜一憂してしまう。

                そして、「よく頑張った!!」と、「よかったよかった!!」が交じり合って、
                笑顔で泣いてしまう。

                私は嫁が呆れる程泣いてしまいました。

                是非ご鑑賞あれ。


                ・ブックオフ
                 トゥルーマンショー 
                 −TOP
                | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                トランスフォーマーで遊んでたくち
                0
                  「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
                   迫力満点!CG万歳!! トランスフォーマー です。

                   
                  監督:マイケル・ベイ、総指揮:スティーブン・スピルバーグによる作品。


                  1作目は、
                  まずアクションの迫力を見て欲しい!!
                  昔遊んでたタカラの玩具とは比べ物にならない複雑な機構でトランスフォームします。
                  男の子なら心動かされること間違いなしです。

                  バンブルビーのトランスフォームを見て主役のシャイア・ラブーフが、
                  「メイド イン ジャパン」と言ってくれたのは何か誇らしいですね。

                  バンブルビーはGM社の新型カマロなんで車の型はアメリカ産なんですが。
                  このアニメーションはCGアーティストの山口圭二さんが手がけているので。
                  まちがいではない(笑)

                  そして、
                  主人公が臆病な少年から強い気持ちを持つ青年へと変わっていく所を見て欲しい。
                  シャイア・ラブーフの表情の変わり様に驚きますよ、

                  2作目は、
                  マイケル・ベイ監督本人が駄作だと認めてしまい、
                  人間味がないとか、変形シーンが少ないとか世間では評価悪いですが、

                  キャラクターがいっぱい増えて、
                  彼らのやりとりが面白かったので特に前述した様な感想は持ちませんでした。

                  また、この手の映画のいい所は、
                  何も考えず オリャーーーーー!!! と観れる。
                  なので私的には二作目も十分楽しめました

                  日本人のアニメーションに誇りを持てる作品です。
                  是非観て下さい。

                   1作目:トランスフォーマー [DVD]
                   2作目:トランスフォーマー/リベンジ [DVD]
                   2枚組:トランスフォーマー ダブルパック [DVD]

                  語り残しを少し・・・・。
                   −TOP
                  続きを読む >>
                  | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  あしたのジョーは男気を育てる
                  0
                    「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
                    男のバイブル!あしたのジョーです。


                    原作:高森朝雄(梶原一騎)、作画:ちばてつや 先生の作品です。

                    読んでいくとかなり血がたぎります!!
                    泣ける所もしっかり泣けます!!
                    今映画化で騒がれてはいますが。。。。。

                    まずは原作をよむべしっ!!

                    ドヤ街で矢吹丈(ジョー)がアル中の元ボクサー丹下段平を叩きのめす。
                    その動きに感動した丹下はジョーを一流のボクサーにしようと奮闘する。

                    ジョーのボクサーとしての成長はもちろん、
                    人間としての成長も見てほしい作品。

                    まぁ〜〜〜初期はホントにただのクソガキですよジョーは(笑)
                    でも力石徹との出会いから少しづつ変わって行くんです。

                    これを読んでいる途中必ず一度は脇をしめてジャブを打つことでしょう。
                    そして読み終わった後は真っ白な灰になってください。

                    ・新刊
                     あしたのジョー 全12巻セット (講談社漫画文庫)  
                    ・中古版
                     あしたのジョー全巻セット 



                    昔の漫画は今ほど絵が綺麗じゃないのに
                    なんでこんなに読ませるんでしょう。
                    ちなみに映画も公開してますね。


                     −TOP
                    続きを読む >>
                    | カネシン | 漫画のレビュー、感想 | comments(6) | trackbacks(8) | - | - |
                    ヤングガン・カルナバル 小説でアクションを満喫しよう
                    0
                      「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。

                      ガンアクションが脳裏に浮かぶヤングガン・カルナバルです。 

                      作者:深見 真 先生の作品。

                      主人公は二人
                      小暮塵八(こぐれ じんぱち)は数学(嫌い)と女の子(好き)が苦手の高校2年生。
                      だが裏の顔はハイブリッドに所属する腕利きの若き殺し屋(ヤングガン)。
                      鉄美弓華(てつよし ゆみか)も塵八同様、ハイブリッドのヤングガン。
                      運動も勉強も万能で惚れっぽい(女の子限定)恋愛下手な高校1年生。
                      ・・・・・そんな彼等の日常を描いた作品です(笑)

                      まずキャラクターの個性がおもしろい!!

                      塵八の女の子に対する中学生の様な思考と、
                      仕事モードの時の思考に大きく差があるんですが、
                      うまく彼一人の性格として違和感なく納まってます。

                      鉄美弓華は好き勝手に人生楽しんでいる様が気持ちいいのですが、
                      彼女の暗い部分も読み取ることが出来ます。

                      その他、この作品には多くのヤングガンが出てきますが、
                      皆子どもの頃にハイブリッドに拾われて育てられた殺し屋たち。
                      もちろんごっつい過去を抱えて生きてきたわけですが、
                      そのせいか変わった性格、性癖を持つ方が多いのも特徴。

                      人間の深い部分を描写できていることで、
                      一人一人の人間味に深くはまることが出来ます。

                      そして何よりアクションシーン!!!!
                      これがこのノベルズの最大の見せ場です。

                      詳しい描写は是非読んで欲しいんで書きませんが、
                      なんでしょう・・・・・・。
                      読んでる時に頭の中で情景がしっかり出来上がるのはもちろん、
                      いい所でスローモーションになるんです!!!

                      拳銃の弾がゆっくりと回りながら飛んでいく様が・・・・
                      殴られた相手の汗と血の混ざったしぶきが見えるんです!!
                      これ大げさじゃないですよ、

                      ただ、その感性で読むとグロテスクな表現もありますので、
                      心臓の弱い方はご注意ください。


                      購入は下記から
                       

                        1.ヤングガン・カルナバル (トクマ・ノベルズ)
                        2.ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス (トクマ・ノベルズ)
                        3.ヤングガン・カルナバル―銃と恋人といま生きている実感 (トクマ・ノベルズedge)
                        4.ヤングガン・カルナバル―天国で迷子 (トクマ・ノベルズ)
                        5.ヤングガン・カルナバル―ドッグハウス (トクマ・ノベルズedge)
                        6.ヤングガン・カルナバル―そして少女は消えた (トクマ・ノベルズ)
                        7.ヤングガン・カルナバル―愛しき日々、やがて狩の季節 (トクマ・ノベルズEdge)
                        8.ヤングガン・カルナバル―前夜祭・標的は木暮塵八 (トクマ・ノベルズedge)
                        9.ヤングガン・カルナバル―開催・バンケットの死闘 (トクマ・ノベルズedge)
                       10.ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング (トクマ・ノベルズEdge)
                       11.ヤングガン・カルナバル グッドバイ、ヤングガン (トクマ・ノベルズEdge)
                       12.ヤングガン・カルナバル・スペシャル―ファイトバック・ホンコン (トクマ・ノベルズEdge) 

                      ・中古全巻セット
                           ヤングガン・カルナバル(新書版)全巻セット


                       −TOP
                      | カネシン | 書籍のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      シカゴでレニー・ゼルウィガーのベストスタイルを確認しよう!!
                      0
                        「本 漫画 DVD 感想 レビュー&販売サイト 物語中毒」 管理人カネシンです。
                        カネシンの大好きな映画。 シカゴです!!



                        監督:ロブ・マーシャル、脚本:ビル・コンドン、製作:ミラ・マックス
                        メインキャスト:レニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
                        第75回アカデミー賞、並びに第60回ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞。

                        ミュージカルって・・・・・。
                        タモ〇さんもよく馬鹿にしてますが僕も同意見でした。

                        そう!!
                        この作品に出会うまでは!

                        まるで舞台に放り込まれたような臨場感で、
                        ストーリーやって歌とダンス!!ストーリーやって歌とダンス!!!ストーリ・・・・・・・・・・
                        この流れがたまりません。

                        登場人物の性格や持っているイメージ、思い、が歌によって深いところまで伝わってくる。
                        この観せ方・・・いや!
                        魅せ方が実にいいんですっ!!!!
                        まず音楽が最高。
                        思わずサントラCDまで購入してしまい、
                        オープニング曲を自分の結婚式の二次会開始曲に使いました

                        その最高の音楽に加えて、豪華なステージと衣装!!
                        演出の仕方で、ストーリー展開時の登場人物と、
                        彼らが持つ、理想の自分とのギャップや、裏の顔を感じることができます。

                        ミュージカルを毛嫌いしている人!!
                        この作品なら安心して観てもらっていいと思います。

                        ・購入はこちら
                         
                           

                        しかしハリウッドスターはビックリするくらい歌とダンスがうまいですね。
                        キャサリン・ゼタ=ジョーンズは11歳から舞台女優だったそうですから、
                        当たり前なんでしょうけど・・・・(^^;

                        ただ、この映画のレニー・ゼルウィガー・・・・。
                        「ブリジットジョーンズの日記」や「ミス・ポター」しか知らない方は
                        是非是非観てください!!!
                        すっごい綺麗です。

                        映画公開順としては「ブリジット・・・」→「シカゴ」→「ミス・ポター」なんですけどね。
                        この人体重操作は自由自在なんでしょうか????
                        最近は痩せれなくなったかもですが(笑)

                         −TOP
                        | カネシン | 映画のレビュー、感想 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |